甲子園2019夏の出場校の公立高校一覧!応援したくなる学校はどこ?

スポーツ
スポンサーリンク

8月6日から始まる「第101回全国高等学校野球選手権大会」、2019年夏の甲子園出場校49校が決まりました。

この夏は公立高校14校が代表。

昨年の8校を大きく上回り、公立旋風が期待されます。

選手や指導者を集めやすい私立高校に比べて公立高校は制約が多く、甲子園への道は厳しいものであるのは誰もが承知しているところ。

そのような中で第100回記念大会の昨年は、公立高校の金足農業が快進撃で優勝したことは記憶に新しいところですね。

過去の公立高校の活躍では2007年の佐賀北高校。

決勝戦では逆転満塁ホームランが飛び出して優勝しました。

まるで漫画の世界のような展開での優勝でした。

 

不利な条件が多い中で甲子園への切符を手にした公立高校。

応援したくなる学校ばかりですね。

2019夏 甲子園出場の公立高校は?

令和元年は古豪復活の年でしょうか。

高松商や広島商、米子東、静岡などの伝統校が甲子園の切符を手にしました。

伝統校復活の影響でしょうか、公立高校は14校と近年では珍しく二桁の14校が甲子園へやってきますね。

秋田中央高校(秋田県)


秋田県大会決勝で、明桜高校を延長11回の末、4-5でサヨナラ勝ち。45年ぶり5回目。

注目したいのは、秋田中央高校の偏差値が62というところ。

全クラス普通科の進学校。

各学年210人ぐらいで全校生徒630人ぐらいでしょうか。私立高校の1学年の人数よりも少ない生徒数です。

決勝戦は秋田市内にある秋田こまちスタジアムだったため、秋田中央高校の皆さんは自転車で球場入りしていたようです。

秋田こまちスタジアムから秋田中央高校まで約4㎞、自転車で20分弱くらいの距離。坂道もありそうですがそれくらい平気なんですね。

好感の持てるチームです。

飯山高校(長野県)


長野県大会決勝戦は公立高校の対決でした。飯山高校は伊那弥生ケ丘を延長10回5-4でサヨナラ勝ち、春夏通じて甲子園初出場を決めました。

公立高校では珍しくスポーツ科学科(体育科)がある高校です。公立高校ですが遠方からの生徒のために寮があります。

地元にも貢献しているとツイッターで紹介されていました。

雪が多い奥信濃にある学校です。雪の中での練習風景の動画みてください。

高岡商業高校(富山県)

3年連続20回目の出場。

ノーシードからの甲子園出場です。

市立習志野高校(千葉県)

春夏連続出場。

センバツ大会では、美爆音や星稜戦などが話題になりました。

初めて美爆音を聴いた時、あまりのド迫力にびっくり。

こんなにも熱い応援、選手が燃えない訳ないですよね。

スタメン6人が2年生という若いチームという所もこのチームの特徴です。

静岡高校(静岡県)

4年ぶり25回目。

偏差値71という文武両道という言葉がぴったりな進学校です。

元プロ野球選手も多くオリンピック選手も出たことのある伝統校。

明石商業高校(兵庫県)

2年連続2回目。春のセンバツにも出場。

明石市立高校で商業科スポーツ科学コースがあります。

狭間監督がいいですよね。

「ありがとな」の指の先はスタンドのベンチに入れなかった選手でしょうか?

インタビューでお人柄がにじみ出てきます。

米子東高校(鳥取県)


28年ぶり14回目。

古豪復活、春夏の甲子園で通算16勝21敗の成績がある伝統校ですね。

米子東高校のグラウンドは日本最古の野球場という説も。

広島商業高校(広島県)

15年ぶり23回目。

古豪復活ですね。

広商は甲子園で春1回、夏6回の優勝があります。

1973年、江川卓さんの作新学院と名勝負が有名。

佐賀北高校(佐賀県)


2007年の「がばい旋風」が再び?

あの佐賀北高校が甲子園に帰ってきます。

久保貴大監督(30)は07年夏の甲子園優勝に貢献した時の投手。

この夏は監督として甲子園へ。

5年ぶり5回目。

高松商業高校(香川県)

23年ぶり20回目。

9回サヨナラで勝ちで甲子園への切符を手にしました。

鳴門高校(徳島県)

2年連続13回目。

2年連続の出場ですが、この夏はノーシードから勝ち上がりました。

宇和島東高校(愛媛県)

9年ぶり9回目。

ノーシードから甲子園の切符を獲得。

1988年センバツ大会では初出場初優勝しています。

熊本工業高校(熊本県)

6年ぶり21回目。

春と合わせて42回めの甲子園出場。

田島監督もOBでこの春に就任したばかり。

有名なOBで野球殿堂入りは川上哲治さんや吉原正喜さん。

吹奏楽部も強い学校ですよね。

スタンドの応援も楽しみです。

富島高校(宮崎県)

初出場。

春のセンバツ大会は2018年に出場。

数年前は部員数減少で廃部寸前でした。

廃部の危機を乗り越えて甲子園出場する強豪校となった学校です。

遠征費は部員が年賀状配達などの短期アルバイトで捻出し、親や野球ができることへの感謝を忘れません。

スポンサーリンク

2019夏 甲子園出場校一覧

高松商業や広島商業などの古豪復活。

初出場校は公立飯山高校や公立富島高校、ジャイキリで話題の誉高校の3高。

北海道

北北海道旭川大高2年連続9回目
南北海道北照2年連続5回目

東北

青森八戸学院光星2年連続10回目
岩手花巻東2年連続10回目
秋田秋田中央 公立45年ぶり5回目
山形鶴岡東3年ぶり6回目
宮城仙台育英3年連続28回目
福島聖光学院13年連続16回目

関東

茨城霞ケ浦4年ぶり2回目
栃木作新学院9年連続15回目
群馬前橋育英4年連続5回目
埼玉花咲徳栄5年連続7回目
千葉習志野 公立8年ぶり9回目
東東京関東一3年ぶり8回目
西東京国学院久我山28年ぶり3回目
神奈川東海大相模4年ぶり11回目
山梨山梨学院4年連続9回目

北信越

新潟日本文理2年ぶり10回目
長野飯山 公立初出場
富山高岡商 公立3年連続20回目
石川星稜2年連続20回目
福井敦賀気比2年連続9回目

東海

静岡静岡 公立4年ぶり25回目
愛知初出場
岐阜中京学院大中京3年ぶり7回目
三重津田学園2年ぶり2回目

近畿

大阪履正社3年ぶり4回目
京都立命館宇治37年ぶり3回目
兵庫明石商 公立2年連続2回目
奈良智弁学園3年ぶり19回目
滋賀近江2年連続14回目
和歌山智弁和歌山3年連続24回目

中国

岡山岡山学芸館4年ぶり2回目
広島広島商 公立15年ぶり23回目
鳥取米子東 公立28年ぶり14回目
島根石見智翠館4年ぶり10回目
山口宇部鴻城7年ぶり2回目

四国

香川高松商 公立23年ぶり20回目
徳島鳴門 公立2年連続13回目
愛媛宇和島東 公立9年ぶり9回目
高知明徳義塾2年ぶり20回目

九州

福岡筑陽学園16年ぶり2回目
佐賀佐賀北 公立5年ぶり5回目
長崎海星5年ぶり18回目
熊本熊本工 公立6年ぶり21回目
大分藤蔭2年連続3回目
宮崎富島 公立初出場
鹿児島神村学園2年ぶり5回目
沖縄沖縄尚学5年ぶり8回目

 

スポンサーリンク

まとめ

2019年夏の甲子園出場校の中で応援したくなる公立高校をまとめてみました。

過酷な地方予選を勝ち抜いて甲子園出場を決めた全出場校。

どの学校もたくさんの想いを持って甲子園へやってきます。

全部の学校に頑張ってほしいです。

古豪復活といわれるこの夏の大会。

何が起こるか分からない高校野球。

今年も公立旋風を起こしてくれる学校が現れてくれることを期待しています。

コメント