ゴルフ

笠りつ子は厳重注意処分と新人セミナー3日間の受講!甘すぎない?

スポンサーリンク

マスターズGCレディースの大会で関係者に暴言を吐いた笠りつ子の処分が決まりましたが甘すぎるという声があがっています。

日本女子プロゴルフ協会(LPGA)によると、笠りつ子選手に対して、厳重注意処分と新人セミナー3日間の受講が義務付けられました。

厳重注意処分と新人セミナー3日間の受講は処分として適切なのでしょうか。

甘すぎるという声も多いです。

笠りつ子処分内容は?

(1)厳重注意

(2)本年度開催の新人セミナー第1日目から第3日目の受講義務づける

(1)の厳重注意処分については11月12日午前10時、

小林浩美会長が笠りつ子に厳重注意をしたということです。

どのような注意内容であったかは分かりません。

スポンサーリンク

笠りつ子の現在は?

笠りつ子はマスターズGCレディース大会後はツアー出場を自粛しています。

LPGAが11月11日に更新した年間獲得賞金のランキングは29位(39,229,250円)です。

11月15日~17日に千葉県で行われるLPGAツアー第37戦『伊藤園レディスゴルフトーナメント』まで自粛すると発表されています。

その後は普通に復帰するということですね。

ツアーを自粛して反省していますと謝罪文を公表してからはインスタの更新もなく、状況がわからないです。

笠りつ子の復帰はいつ?

これは全選手に行うということですよね。
今回の暴言の発端となったバスタオルの持ち出しは笠りつ子選手だけではありません。
多くの選手がバスタオルを持ち出すというモラル違反をして、苦肉の策がバスタオルの撤去であったことをLPGAは重く考えてほしいと思います。

笠りつ子の処分は妥当?


人によって考え方はイロイロですよね。

笠りつ子に対してより協会の対応にモヤモヤするものがあるように感じます。

岡本綾子さんも協会へ対して「もっと選手の教育を」と言いましたし、

LPGA全体がモラルの低下を防いでいかないといけないと思います。

プロゴルファーになって大金を手にしたり、周囲からの扱いが丁重になったりして、人として勘違いをしてほしくないですね。

スポンサーリンク

まとめ

大会関係者へ暴言を吐いた笠りつ子への処分は

厳重注意と本年度開催の新人セミナー3日間の受講義務だけでした。

ツアー参加については個人に任されています。

騒動後、約1か月で復帰できそうな感じですね。

LPGAの対応は甘いのか、適切なのか、疑問が残る結果となりそうです。