ひな人形7段飾りの飾り方は?並べ方と持ち物や道具の置き方事例

生活
スポンサーリンク

日本の伝統行事ひとつ「ひな祭り」では、雛人形を飾り、女の子の健やかな成長を祈ってお祝いをします。

ひな人形は、伝統的な7段飾りのほかに5段、3段飾りや内裏雛だけの親王飾り、古典的なものから現代的なものとたくさんあります。

段数が少なければ悩むこともなくお雛様を並べて飾ることも簡単。

ですが、5段7段飾りの飾り方は、人形もお道具も多くて「あれ?」と思うことも。

ここでは、ひな人形7段飾りの飾り方について、並べ方と持ち物や道具の置き方事例について紹介します。

ひな人形の飾り方

ひな人形の並べ方:関西は逆

上から

1段目ぼんぼり お内裏様 三方 おひな様 ぼんぼり    金屏風
2段目提子を持つ官女 高坏 眉毛のないお歯黒の官女 高坏 長柄を持つ官女
3段目(五人囃子)  太鼓  大鼓  小鼓  笛  謡い
4段目 随臣(右大臣) 懸盤膳 菱餅 菱餅 懸盤膳 随臣左大臣)
5段目橘  仕丁泣き上戸)(怒り上戸)(笑い上戸) 桜
6段目箪笥・鋏箱・長持・鏡台・針箱・茶道具・火鉢
7段目御駕籠・重箱・御所車
  • お内裏様とおひな様の位置は関西は反対になります。
  • 緋毛氈(ひもうせん)を敷きます

ひな人形の数

  • 人形は全部で15人、7段飾りは「十五人飾り」ともいいます。
  • ひな人形は3、5、7の段飾りが好まれています。
スポンサーリンク

ひな人形の持ち物・並べるもの

ひな人形飾り1段目

お内裏さま

  • 冠(かんむり)・・・被せる
  • 笏(しゃく)・・・持たせる
  • 太刀(たち)・・・腰にさす

おひな様

  • 檜扇(ひおうぎ)・・・持たせる

ひな人形飾り1段目に並べるもの

  • 紅白梅の花付きの熨斗がさしてある瓶子、三宝という台に乗せる(中央)
  • ぼんぼり(左右)
  • 金屏風(ひな人形の後ろ)

ひな人形飾り2段目(三人官)

三人官女:右側

長柄(ながえ)・・・杯にお酒を注ぐ道具。注ぎ口が内側になるように両手に持たせる

三人官女:中央

島台と三方・・・三方には盃を乗せる 両手に持たせる

三人官女:左側

提子(ひさげ)・・・お酒を長柄に入れる器。上をむいている右手に掛ける

ひな人形飾り3段目に並べるもの

お餅を乗せた高坏(たかつき)を官女と官女の間に置きます

ひな人形飾り3段目

五人囃子(ごにんばやし)

「左へ行くほど音の大きい楽器」になるように並べます。

全員に侍烏帽子(さむらいえぼし)を被せます。

  • 謡い 
  • 小鼓 方のところ
  • 大鼓 脇腹のあたり
  • 太鼓 前に置きます ばちを持たせる

ひな人形飾り4段目:随身(ずいしん)の一対

随身(俗称:左大臣)

向かって右側(老人)黒色の

随身(俗称:右大臣)

向かって左側(若者)緋色の

儀仗の弓(ぎじょうのゆみ)装飾の施された美しい弓を持ちます。

随身の持ち物

  • 矢羽
  • 巻纓冠(けんえいかん)巻纓冠は警固の任務の際にかぶるもの
  • 緌(おいかけ)耳当てのような装飾
  • 左手に弓
  • 右手に矢の羽
  • 矢を入れた胡簶(やなぐい)を背負います。背負い矢は、向かって右の肩側に羽根の先が見えるようにします。

ひな人形飾り4段目に並べるもの

  • 菱餅
  • 掛盤膳(かけばんぜん)

中央に菱餅、その両外側に掛盤膳、両端に随身

ひな人形飾り5段目

仕丁(しちょう)三人上戸(さんにんじょうご)

泣き、笑い、怒りという三つの表情の三体。

人形は色のついた袖が外側になるようにおきます。

  • 泣き上戸…台笠(だいがさ)向かって左(京風:熊手)
  • 怒り上戸…沓台(くつだい) 中央   (京風:ちりとり)
  • 笑い上戸・・・立傘(たてがさ)向かって右 (京風:箒)

ひな人形飾り5段目に並べるもの

仕丁の左右には「桜橘(さくらたちばな)」を飾ります。

  • 左近の桜(さこんのさくら)・・・向かって右側へ置く
  • 右近の橘(うこんのたちばな)・・・向かって左側へ置く

ひな人形飾り6段目

お道具(平安時代の貴族のお嫁入り道具)

  • 箪笥(たんす)
  • 長持(ながもち)
  • 表刺袋(うわざしぶくろ)
  • 火鉢(ひばち)
  • 針箱
  • 鏡台
  • 茶道具

上から順に向かって左から右へ並べます。

ひな人形飾り7段目

婚礼行列

  • 御駕籠(おかご)
  • 重箱(じゅうばこ)
  • 牛車(ぎっしゃ)

ひな人形を飾る日はいつがいい?

縁起のいい日

  • 節分(2月3日)
  • 立春(2月4日)
  • 雨水(2月19日頃)
  • 大安の日
スポンサーリンク

ひな人形7段飾りの飾り方は?並べ方と持ち物や道具の置き方事例のまとめ

雛人形飾りは7段ともなると15体のお人形と持ち物、お道具でかなりの量になります。

繊細で小さなお道具と人形の数の扱いは結構な労力が必要ですね。

「ひとつづつ丁寧にお人形を取り出し、持ち物を身に付けさせて、道具を飾る」

大変ですけれど、この道具の出し入れもおひな祭りの一部です。

雛人形を飾るところから「おひな祭り」は始まってます。

雛人形の飾り方に昔からの伝統もありますが、あまり拘らずに「ひな人形」を飾るところから楽しんでいいと思います。

コメント