トランプ大統領の大相撲観戦は椅子に座って升席の異例!座布団テロはどう防ぐ?

ニュース
スポンサーリンク

令和初の国賓となるトランプ米大統領が5月25日の夕方にメラニア夫人と来日しました。日本は異例の厚遇で大統領夫妻のおもてなしをして、強固な日米関係を国際社会にアピールするようです。

トランプ大統領の来日2日目、5月26日の日程は超過密スケジュールですね。

そのスケジュールの中でも注目したいのは大相撲観戦です。2階の貴賓席を利用しないで、土俵前の升席で椅子に座っての観戦になるようです。

升席に椅子?前代未聞の光景が国技館に現れることになりますね。

トランプ大統領が国技館で相撲観戦をするだけでも厳重な警戒態勢がとられる上に、椅子で升席から観戦となるとセキュリティー問題のハードルがぐっと上がりそうです。

大相撲といえば、座布団が投げ・・・もし、番狂わせがあって座布団が舞うような事態になった。どうするのでしょうか。

飛んでくる座布団で升席が見えなくなる様子をテレビで見たことがあります。当然、升席のお客さんにぶつかり放題でした。

トランプ大統領を座布団テロからどうやって防ぐのでしょう。

トランプ大統領が大相撲夏場所千秋楽を観戦

トランプ大統領の来日2日めは、一日中安倍晋三総理大臣と一緒に行動をするようです。

茂原カントリー倶楽部でゴルフと昼食、両国国技館で大相撲夏場所千秋楽観戦、六本木の炉端焼き店で会食といった予定の2日目ですが警備が大変そうです。

夕方の大相撲観戦では今回の来日で警備の大一番と言われています。

両国国技館は約一万一千人を収容でき、出入り口がとても多いです。会場内もすり鉢状で客席があり、土俵を中心にして360度からの警備が必然ですね。

「難易度が高い警備であることは事実」と警視庁幹部も明かしています。

今までにも多くの要人が大相撲観戦をしている国技館ですが、今回の警備の難易度を上げているのは、トランプ大統領が升席で観戦をするためです。

今まで、要人の大相撲観戦は2階の貴賓室からのみでした。土俵に近い升席での観戦を警備するのは並大抵のことではなさそうですね。

スポンサーリンク

なぜトランプ大統領は椅子で升席に

アメリカ大統領杯の授与?

千秋楽の観戦ということから、トランプ大統領は優勝力士に「トランプ杯」を土俵で手渡しする予定があります。

特性スリッパで土俵にあがるといわれています。

スリッパで土俵、椅子で升席といった異例尽くしの大相撲観戦になりそうですね。相撲協会が簡単に了承したのかは謎ですけれど。

この趣向を凝らした相撲観戦はトランプ大統領からの要請ではなく、安倍晋三首相の提案のようです。

国技館の異例体制

過去の大物観戦はすべて2階の貴賓室から升席での観戦は異例中の異例ですね。

通常でも国賓等の要人が来館する場合は警備が厳しくなりますが、今回は過去の警備と比べ物にならないほどの対策が取られます。前代未聞の体制となります。

升席に椅子?

升席での観戦なら、あぐらで見てほしいとの声が多くあります。

後ろの人に迷惑という声もありましたが、あぐらでも椅子を置いてもセキュリティーのために周囲の席は占領されています。

貴賓室での観戦であれば不要なセキュリティ対策が必要となり、多くの升席がファンの手に届かなくなっているようです。

確保した席数は?

警備のために必要な升席は1000席分の250の升席を確保したともいわれています。実際には200席分の50升席となり、残りはここ数日に販売されたようですね。

夏場所の千秋楽、トランプ大統領観戦のために、相撲ファンが升席から観戦できる数がとても少なくなっています。

升席の料金は?

気になるところの一つに升席料金があります。

升席は1人、1万1700円です。50升ですと234万円ということになります。

この費用はどこから出るのでしょう。

座布団テロはどう防ぐ?

千秋楽結びの一番で横綱・鶴竜が敗れれば大量の座布団が舞うことも考えられる。升席の座布団は約8000枚。SSでも防ぎ切れない数だ。2階椅子席にも通常通り観客が入る。SSは頭上にも目を光らせることになる。

本場所中の座布団投げは禁止されている!

本来、座布団投げは基本的には禁止ということを知っていますか

物を投げるという行為は大変危険ですから、当たり前のことですね。

横綱が負けるような番狂わせがあると観客が力士に座布団を投げてしまうこの行為は禁止されているのも係わらず恒例行事化しています。

 

過去に座布団を投げられないように二人分の座布団を繋いで紐で固定したことがありました。座布団投げが起きる場面で座布団が飛ばず、ファンは不満であったようです。座布団の固定に対しての賛否がありました。

その後、日本相撲協会は座布団の固定をしなくなっています。伝統を重視する協会であるので長年の座布団投げを黙認していますね。

ということは、トランプ大統領が観戦する5月26日の夏場所千秋楽では座布団は固定されて飛ばせないようになっている可能性もありますね

そのような野暮なことがないといいのですけれど、どうなっているか興味津々です。

異例の用紙配布がありました。
座布団が飛ぶことはあり得ない状況になりました。

スポンサーリンク

まとめ

5月26日の大相撲夏場所千秋楽では、座布団の舞は見られない可能性がでてきました。

トランプ大統領の大相撲観戦のセキュリティ対策は万全にするために、座布団投げができないように固定してしまう可能性は否めません。

本来は禁止事項であるので、興ざめ感はあるかもしれませんが仕方がないことです。

座布団投げにならないような取り組みが行われることがいいのですが、それ以上にトランプ大統領と一緒に観戦したということで観客が満足するかもしれないです。

無事にトランプ大統領の大相撲観戦が終了しました。

表彰式を終えたトランプ大統領が退場するときに、なんと観客とにこやかに握手をしていました。これも異例なことですね。

コメント