麺家いさむの閉店はカモフラージュ?たむけんと騒動のラーメン屋は引越?

スポンサーリンク

ラーメンを食べにきた、たむけんのことを

「マイク、カメラなかったらおもろ無いヤツ」

とツイートしたラーメン店が閉店するとTwitterで発表しました。

閉店は5月25日としてあります。

このお店がオープンしたのは昨年の4月。

約1年間の営業でしたが、たむけんの騒動後は営業どころではなかったと思いますので、まともに営業できたのは1年なかったのではないでしょうか。

このお店のオーナーはこれからどうすのるでしょうか。

ラーメンは美味しいと言われていた「麺家いさむ」ですが、1年で閉店をし、廃業なのでしょうか。

閉店はカモフラージュで、どこか遠くで名前を変えて再出発をする可能性はあるのでしょうか。

たむけんラーメン騒動とネットの声をまとめてみました。

麺家いさむが閉店

5月10日の夜、ネットで「麺家いさむが閉店」とのニュースが流れました。

正確には

たむけんと騒動のラーメン店が閉店とツイート「1年間のご愛顧、ありがとうございました」

と麺家いさむの公式Twitterで発表されたということです。

閉店は5月25日。あと2週間ありますが、このタイミングでTwitterでの発表は違和感があります。

このままで終わりでいいの?と疑問。

開業するためには、相当な資金が必要であったと思います。

このまま、廃業したら大損ですよね。

スポンサーリンク

麺家いさむの騒動についておさらい

 

「麵屋いさむ」は、炎上して商売にならなくなったようです。

たむけんが「もうやめましょう」とコメントを出しても収まらない状況。

ネットの声

閉店は自業自得であるという意見が多いようです。

今のままでは、お客も少なくて利益も出ないと思われますね。

ここは、お引越しをして出直そうという気持ちになるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

「麺家いさむ」は来店したお客に対するマナーがありませんでしたね。

これから先はどうするのでしょう。

じつは閉店はカモフラージュで、実際は違う土地、場所、名前を変えて再オープンするかもしれませんね。

もし、お引越しをして再オープンするとしたら、今度は芸能人やスポーツ選手がラーメンをたべに来店しても、軽はずみな言葉は発信しないようにして頑張ってもらいたいです。

コメント