小岩利夫校長(橘学苑)の経歴は?教師大量退職に保護者から批判の声

エンタメ
スポンサーリンク

横浜市の中高一貫校・橘学苑では、この6年間教員120人近くが退職しています。

非正規雇用の教員の雇い止めと言われています。橘学苑は雇い止めではないと説明していますが、神奈川県が実態調査を行いようです。

調べてみたところ、校長も2018年に橘学苑の校長に就任したばかりということが分かりました。

この小岩利夫校長について調べてみました。

小岩利夫橘学苑校長

橘学苑HPより

プロフィール

  • 氏名:小岩利夫(こいわ としお)
  • 第17代橘学苑の校長
  • 年齢:1975年に大学を卒業されていますので65歳位?
  • 出身地: ?

経歴

  • 1975年 東京理科大学理学部卒業
  • 明治大学付属中野中学・高等学校 教員
  • 明治大学付属中野八王子中学高等学校 教頭
  • 2013年 日本学園中学校・高等学校 校長

 

その他、家族や趣味などは分かりませんでした。

スポンサーリンク

保護者への緊急説明会

20日に行われた緊急説明会で校長は謝罪しましたが、保護者からは学校の対応に対して批判の声があがっています。

校長:「皆さま、大変ありがとうございました」

保護者:「全然納得できないよ」

保護者:「逃げるな!校長!」

保護者:「保護者の意見聞かないなんて、保護者会じゃないですか」

橘学苑へのネットの声

 

スポンサーリンク

まとめ

第17代橘学苑の校長、小岩利夫氏について調べてみましたが、詳細は分かりませんでした。

大学を卒業後すぐに教職の道に入り、キャリアを重ねてきた校長ということが紹介されています。

学校という中で生きてこられた方なのでしょうね。

民間企業と違う感覚をお持ちかもしれません。

コメント