ニュース

牛乳パックは計算すると1ℓ入っていない?小学校算数の問題が話題に!

スポンサーリンク

牛乳パックは計算すると1ℓ入っていない?

SNSに投稿が相次いでいます。

牛乳パックに1000㎖とあるのに箱の大きさから計算すると955㎖。

牛乳パックには1ℓ入っていないという疑惑が起きました。

実際はどうなのでしょうか。

牛乳パックは計算すると1ℓ入っていない?

きっかけはある小学校の先生が算数の授業で子どもたちに出した問題:「牛乳パックに入っている牛乳の量は?」というものだっだ。

その中で取り上げられたのが、一般的な1リットルの牛乳パックの大きさ。
縦と横の長さは7センチで、高さは19.5センチだ。これをもとに3つの辺を掛けて入る牛乳の量を計算すると…約955立方センチ。
つまり955mlしか入らないというのだ。

体積で考えると

7×7×19.5=955立方センチ

という算数のお勉強?

これはおかしいとあれこれ予想しました。最後に気づいた時の感動は大きかったです。」

小学校の授業では、この過程がお勉強だったようですね。

SNSの話題では「計算すると足りないという」点が注目されていましたけれど。

スポンサーリンク

牛乳パックは実際には1ℓ入っている!

牛乳パック製造メーカーの話

トモヱ乳業・小川澄男専務取締役:
底面積×高さでわずかに1リットルに足りない。
しかし、その中身については…
間違いなく1リットル入っている。

実際に牛乳パックを計ると?

小学生の頃授業で実際に牛乳パック使って量った事ありましたけどね 今そういう事やらないんですかね

取材班が実際に計ってみると…表示の通り1リットル入っていた。

牛乳パックは計算すると955㎖なのに1ℓ入っている謎

日本乳牛協会が説明

牛乳をパックに入れると中に圧力がかかり、膨らむ。そのため、パックは955mlでも、膨らみの分だけ量が増え、1リットル入る

SNSでは

数学と物理の差

現実はパックは膨らむ

空間のゆらぎというヤツ

といった声も。

牛乳パック1リットルは過去にも話題になっていた!

過去にも話題になってメーカーのサイトでは説明していますね。

スポンサーリンク

牛乳パックは計算すると1ℓ入っていない?小学校算数の問題で話題に!のまとめ

牛乳パックは箱の大きさを計算すると955㎖ですが、実際にはパックが膨張してきちんと1リットルはいっていることが判りました。

小学校の算数の問題から出てきた話題。

過去にも話題になっていました。

問題を出された小学生がこの謎を理解したのかは謎ですが

「なぜ?」を考えて最後に気づいて感動をしたことが大事なんですよね。