高橋一生が2019夏ドラマ「凪のお暇」で演じる我聞慎二はクズ男?原作から徹底分析!

エンタメ
スポンサーリンク

高橋一生が7月から始まる夏ドラマ「凪のお暇」(TBS系金曜)のキャストに決定しました。

「凪のお暇」の原作は、月刊誌『Eleganceイブ』(秋田書店)で連載中ラブコメで作者はコナリミサトさん。

『このマンガがすごい!2019』オンナ編第3位の人気漫画です。

主人公の「大島凪」は黒木華が演じます。その元恋人「我聞慎二」役に高橋一生。二人がこの夏ドラマを盛り上げます。

高橋一生が演じる「我聞慎二」というキャラクターが恋愛に関して拗れてしまっています。どんなキャラクターなのか徹底調査をしてみました。

「凪のお暇」(なぎのおいとま)原作の概要

 

主人公の大島凪(おおしま なぎ)は都内にある家電メーカーで働くOLで28歳。くせ毛がコンプレックスで自分に自信が持てません。同僚との会話では「わかるー」と同調することばかりです。

唯一の生きがいが「節約」。冴えないけれども、たった1枚だけカードを持っています。その1枚のカードは営業部のエース「我聞慎二」が彼氏ということ。

「空気読んでこ」と常に場の空気を読みすぎて、他人にあわせて無理をしたところに、偶然聞いた彼氏のゲス発言で過呼吸を起こして倒れてしまいます。

凪は仕事をやめて引越して、彼氏の我聞慎二からも逃げ出しドロップアウト。人生のリセットを行います。

慎二は、凪と同じ会社の営業部のエース。空気を読むことが上手く、営業成績はトップです。

空気を読むことが得意の慎二ですが、凪に対しては辛辣。本当に好きな子はついいじめたくなるという、気持ちと正反対な小学生のような言動で凪に嫌われてしまいます。

慎二は凪のことをとても想っているのに、何をしてもすれ違いを続ける二人です。

変わりたい凪と変わってほしくない慎二。拗れた二人の関係にドキドキハラハラしながら二人の気持ちの変化が展開されていきます。

この二人の行く末はどうなるのでしょうか。

凪の「お暇」の終了もチラチラとフラグが立ってきています。

原作の「凪のお暇」は、現在も連載中ですが連載の終了の日も近いかもしれません。

スポンサーリンク

我聞慎二を徹底分析

プロフィール

  • 名前:我聞慎二(がもんしんじ)
  • 年齢:28歳?
  • 居住地:三軒茶屋
  • 学歴:小中高大学エスカレーター式の私立校(エリート高学歴)
  • 子供のころ:ゲーム禁
  • 職業:都内家電メーカーの営業部のエース
  • 特技:周りの空気を読み、相手の懐に入り込むことができる。凪に対しては正反対の行動でとても辛辣。
  • 性格:非生産的な悪口を言わない(凪に対しては別)、さっぱりしている。凪に対してはモラハラ気味でクズ男になる。
  • 元彼女:同じ会社の大島凪と付き合っていたが、会社には内緒だった。見た目で付き合い始めたが、本気で惚れている。凪の手料理が大好き。
  • 好きな女の子:まっすぐでサラサラヘアーの子

我聞慎二の実家

家族

  • 父:誠実で優しそうな公務員:実態は外に愛人4人と子供がいる
  • 母:きれいで少し天然な専業主婦:実態は美容依存の整形モンスター
  • 兄:慎一、慎二と声がそっくり。受験に失敗して母がヒスっつた過去がある:トンズラしたっきり

  • モデルルームみたいな大きな家
  • 豪華な食卓
  • 理想的なおうち?実態は第3者の視線を感じると理想の家族ショーを始める

凪に対する慎二の言動と想い

  • 飲み会後に凪の家で残業で遅くなった凪を待っている(1話)
  • 同僚に彼女の話を振られ「アッチがイイから会っているだけ」「節約系女子?俺そういうケチくさい女、生理的に無理なんだわ」とゲス発言をしたところを凪に聞かれてしまう(1話)
  • 「そんな人いた?」会社の女の子に大島さん知ってた?と聞かれて(1話)
  • 『人のこと、捨離れると思うなよ』凪の新住所を手に入れ電車に揺られながら(1話)
  • 「ブスになったなぁ」ドロップアウト後の凪に初めて会ったとき(3話)
  • ドロップアウトした凪の新居を訪ねた帰り道、ボロ泣きしながら駅へ向かう(4話)
  • 同僚が凪みたいになりたくないという話をしている時、電柱を蹴る(5話)
  • 『めっちゃ健気。すっげぇ可愛い。マジか。好き。俄然守りてぇ。てか一生守る』朝、こっそりくせ毛を整えている凪を見て(7話回想)
  • 扇風機ひとつしかない空っぽの凪の部屋を見て『こいつ何もかも捨てたんだ、俺のことも全部』とショックを受ける
  • 「俺ついこの前、彼女と別れちゃったんだけど、まだそいつのことメッッッッチャ好きなんだわ」:部長に連れていかれたバーでサラサラロングヘアのホステスに(6話)
  • 『あいつの一言で明らかにこいつの空気が変わった。あんなほどけた顔しやがって。男女間の悲劇の引き金はいつだって”言葉足らず” ただ素直に想いを伝えるだけで良かったのよ。ただ、俺ずっとおまえの顔が見たかったんだよって』慎二はゴンが見ていたことに気が付いて強引に凪にキスをして引っ叩かれる(11話)
  • 『貴重な日曜日、大雨の中、片道い1時間以上かけて会いに行くのが都落ちした元カノ。タイムロス、コスパ、メリット、デメリット、メンツ、ちゃっと検討すりゃわかる、仕事だったらバッサリきっとくとこ。この件に関しては全く割り切れない自分にすげー引く』凪に会いに行く電車の中で(18話)
  • 雨の中、自墜落的な凪を見て涙がでるが凪に「泣いてる?」と聞かれ「なんで俺が泣くんだよ、ドブス。よく見ろ、雨だ雨」と否定し、錯覚だったと思わせる(19話)
  • 『あの子はもういない、辛い・・・』雨に打たれて風邪をひいた慎二は優しい凪の幻覚を見て(20話)
  • 凪の夢を見て『夢に出てきた糞みたいな元カノは、好みだった控えめな性格とストレートロングは見る影もなく、もじゃもじゃでゴワゴワのありのまま気取りのブスに成り果て、ボロアパートの隣人の天然ゆる男に食われてあえなく闇落ちした』出勤途中に思い出し、すごい顔で泣く慎二。(25話)
  • 仕事の大抵のケースはありものの引き出しで対応できる慎二は、変わっていく凪をどこの引き出しにいれたらいいかわからない。その対処法は『とにかくもう会わなければいい』と忘れようとするも、凪が慎二の家に置いていたぬか床を取りに来て、お礼をいう顔をみて『かわいい』という想いがあふれてくる。(25話)
  • 凪が存在を消したメッセージアプリの履歴を眺める日々。「大島凪は存在しません」の画面から「大島凪を削除しました」へ。『もう、終わったから』と。同じ部署へ異動してきた市川円と急接近。(31話)

凪と慎二のすれ違い

  • 凪が過呼吸で倒れた後、慎二はケアできないまま立て続けに出張。つけ焼刃の電話やメールじゃだめ、早く帰って直接顔を見てあやまらないと・・・と連絡をしなかったため、凪は倒れた後、誰からも連絡がないことにショックをうけてスマホを解約し、ガラケーへ変更。
  • 慎二が出張から戻ったら、凪の家はもぬけの空。会社からもドロップアウト。連絡手段も一切断たれる。
  • 慎二はなんとか新住所を手に入れ凪の新居を訪ねて、やっと謝れると思ったのに凪はチリチリのくせ毛で、知らない男に屈託のない笑顔を見せている。その姿を見て、謝るどころがまたしても「おまえ、ブスになったなぁ」と辛辣な言葉。
  • 凪の方は、慎二のゲス発言から、自分は慎二にとって「アッチがイイ」だけの存在と思い込み、慎二を拒絶。
  • 慎二の昔からの付き合いの友達に凪を紹介する予定がBBQ当日になって仲間の一人が付き合っていた子にひどい振られ方をしたことが判明。慎二は空気を読んで凪を彼女と言わなかった。凪に彼女と紹介しなかった理由を言わなかったため、凪は自分はBBQでの行動が失敗(テストに落ちて)して紹介してもらえなかったと思い込む。
  • 慎二の部署に慎二好みの市川円が大阪から異動してきて、会話のキャッチボールがリズミカルで顔が圧倒的にかわいい円に「楽だわ」と感じる。(26話)

慎二の営業テク

  • 重要なのはヒアリングとクロージング
  • ひたすた先方のニーズに擦り合わせて、ロジカル、コミカル、クラシカル、ラジカル、若干のシニカル
  • 片っぱしから引き出し開けて、あとはルールとツールに乗っとってセール

高橋一生 コメント

台本を読み、原作の良さをうまく踏襲しながら作っているなという印象を受けました。
僕が演じる慎二という役は、とても空気が読める男。人にこういう風に思われたいとか、うまく空気を読みながら生きているのですが、恋人に対しては不器用に過剰になってしまうところはとても共感できますし、同時に人間味を感じて愛らしいと思ったりもします。
全体を通して恋愛の描写も多くあるのですが、それだけに重きを置いているわけではなく、人と人との関わりが根底にある物語だと思います。必ず共感してもらえるキャラクターがいると思いますので、それぞれに感情移入して見ていただくのもいいですし、「人間ってみんな大差なく滑稽なんだよな」と見ていただくのもいいかと思います。みなさんに楽しんでいただける作品になると思っておりますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

まとめ

原作漫画「凪のお暇」の我聞慎二はとても優秀な営業マンです。

恋愛に関しては、大好きな凪に対して小学生レベルの悪態をついてしまいます。慎二は凪に対して素直になればいいのにと思わずにはいられません。

歯車が噛み合わない二人の間がこの先どうなっていくのか心配になります。

希望としては二人がありのままの自分を出して、ハッピーエンドで終わってほしいですね。

コメント