葬儀葬式でマナー違反の靴はある?うっかりやってしまうNG行動!

冠婚葬祭
スポンサーリンク

冠婚葬祭のマナーを知らずに恥ずかしい思いをしたことはありませんか?

急な不幸の知らせを受けて慌てて通夜や葬式に出掛けてしまいマナーに欠けてしまうこともあるかもしれません。

服装はブラックフォーマルを用意してあるので大丈夫という人も多いと思いますが、うっかりやってしまうNG行動にがあります。

黒い靴ならいいでしょうと思うかもしれませんが、気を付けないといけない点がいくつかあります。

マナー違反を犯さないように葬儀の席で相応しい靴を用意してあるといいですね。

葬儀でマナー違反の靴は?

 

足元は意外と目に付くものです。

きちんとした礼服を着ていても、足元が残念なことにならないように、色やデザイン、素材に気を付けましょう。

葬儀に相応しい色は黒です。

黒以外の色は葬儀の場に相応しくありません。

デザイン

  • サンダルやミュール・・・つま先とかかとが出るものは✖
  • スニーカー・・・黒でも✖
  • ピンヒールのパンプスは✖
  • おしゃれなデザインのパンプス・・・黒でもつま先部分が尖ったものや先が開いた靴は✖
  • リボン等装飾のある靴は✖
  • 光り物が付いた靴・・・留め具などの金具が付いているものは避けたい(靴紐の穴も金具がない方がよい)
  • ローファー・・・カジュアルなため✖(学生は制服着用のためOK)
  • 厚底、ウェッジソール・・・カジュアルになってしまうため✖
  • ブーツショートブーツは✖
  • ハイカットの靴は✖
  • 穴飾りがあるある靴は✖

素材

  • エナメル素材など光沢がある靴は✖
  • スエード、アニマル柄、は虫類の革靴・・・殺生を連想させる靴は✖
スポンサーリンク

葬儀で相応しい男性の靴は?

黒色のストレートチップで内羽根(うちはね)の革靴がベスト。

外羽根でも問題はありませんが、内羽根の方がフォーマルです。

素材は合成皮革か本革がいいですね。

 内羽根式 

内羽根(うちはね)とは、靴紐を結ぶ革の部分が靴の内側に縫い付けられているデザイン。

フォーマル用の靴は内羽根になっています。

ストレートチップ

靴のつま先部分に横一文字のステッチラインが入っている靴。

紐履

男性の革靴の場合は、靴紐を通して履くタイプのほうが、よりフォーマルになります。

葬儀で相応しい女性の靴は?

簡潔にまとめるとシンプルで光沢のない黒一色のミドルヒールのパンプスがよいです。

シンプルなパンプスでもピンヒールは避けましょう。

また、フラットシューズやローヒールも避けるべきですが、年齢や体の状況、妊婦である場合などはマナー違反となりません。

ストラップは付いていてもかまいません。

金具は小さくシルバーで目立たないものがよいです。

葬儀で相応しい子供の靴は?

 

子どもは派手な色でなければ黒い靴でなくても大丈夫です。

大人ではマナー違反となるローファーも子どもはマナー違反ではありません。

キャラクターが付いているものや派手なデザインの靴、ブーツやサンダルは避けましょう。

学生の場合は制服を着用しますので、ローファーや黒い靴がなければ白や紺、黒のスニーカーなどでも大丈夫です。

その他気を付けたいこと

中敷き

靴の中敷きの色が気になる人もいるかもしれません。

靴を脱ぐ場面があった場合、「あ・・・」と思わないように派手な色を避けてあるとよいです。

靴下などの足元

子ども

子どもの靴下に関しては、あまり気にしない人が多いようですが、白や黒の単色の靴下や黒のタイツがよいです。

派手なデザイン、カラフルな色、ワンポイント、フリルは避けたいですね。

男性

男性の靴下は、黒色の無地。

くるぶしが見える短いものや柄が入っているものは避けます。

女性

女性は黒のストッキングが適しています。

肌の透けるぐらいのものがよいです。

夏だから生足、冬だからタイツはマナー違反になります。

ラメの入っているストッキングや網タイツ、カラータイツもマナー違反。

また、ペディキュアの色にも気を付けたいです。

靴を脱ぐ機会があった場合、派手な色のペディキュアが見えてしまうとマナー違反になります。

スポンサーリンク

まとめ

訃報は突然にやってきます。

意識して用意をしておかないと慌ててマナー違反をしてしまう可能性があります。

葬儀は華美なもの、おしゃれさは必要ありません。

喪に服す装いは、洋服だけでなく身に付けているもの全てになります。

常識のない人と思われないように礼服の用意だけでなく、きちんとした靴も用意しておきたいですね。

コメント