イベント

東京オリンピックは中止?コロナウィルスで来日拒否「おもてなし」に暗雲

スポンサーリンク

新型コロナウィルスの感染が日本国内で拡大し始め、2020年東京オリンピックの開催を中止するべきという声が増えています。

コロナウィルスの感染が心配される日本へは、外国人が来日しなくなっています。

サッカー選手の来日拒否の報道もありました。

このままコロナウィルスの感染が広がっていくと東京オリンピックの中止が現実味を帯びてきそうです。

「おもてなし」で迎えるはずだった東京五輪に暗雲が立ち込めてきています。

「おもてなし」がさせてもらえない?東京オリンピックは中止になる?

サッカーU23代表戦で南アフリカが来日拒否

 英BBC放送(電子版)は21日、南アフリカ・サッカー協会が3月27日に京都で行われる国際親善試合に、同国U23(23歳以下)代表チームの派遣を取りやめると報じた。東京五輪に出場するU23日本代表との対戦が予定されている。新型コロナウイルスの感染拡大を理由としている。
報道によると、南アフリカ協会のモコエナ会長代行は「日本(協会)は何度もわれわれに再考を求めてきたが、考えを変えるつもりはない。選手の生命を危険にさらすことはできない」などと説明した。

コロナウィルス感染が拡大しはじめている国に大事な選手を送り込むことはできないですよね。

7月までにコロナウィルスが収まらないと来日拒否の国や選手がかなりの人数になると思われます。

ホストタウンサミット(東京オリンピック関連イベント)が中止に

2020年2月22日(土)に開催予定だったオリンピック関連行事である「ホストタウンサミット」が中止になりました。

橋本聖子五輪相、自治体、在日大使館などから500人が参加し、武蔵野大学有明キャンパスで開催されるはずでした。

オリンピックが中止になった過去の例は?

1916年ベルリン、1940年東京、1944年ロンドンの3回が戦争で中止になっています。

2016年のリオオリンピックでは「ジカ熱」が広がりゴルフ選手のトップ4人が欠場しています。

スポンサーリンク

東京オリンピック組織委員会のコロナウィルスに対する見解は?

東京オリンピック組織委員会森喜朗会長発言

中止や延期はない(2月14日)

新型コロナウィルスに対する厚生省の声明

イベントの開催に関する国民の皆様へのメッセージ

令和2年2月20日

 新型コロナウイルスの感染の拡大を防ぐためには、今が重要な時期であり、国民や事業主の皆様方のご協力をお願いいたします。 

最新の感染の発生状況を踏まえると、例えば屋内などで、お互いの距離が十分にとれない状況で一定時間いることが、感染のリスクを高めるとされています。

 イベント等の主催者においては、感染拡大の防止という観点から、感染の広がり、会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討していただくようお願いします。なお、イベント等の開催については、現時点で政府として一律の自粛要請を行うものではありません

 また、開催にあたっては、感染機会を減らすための工夫を講じていただくようお願いいたします。例えば、参加者への手洗いの推奨やアルコール消毒薬の設置、風邪のような症状のある方には参加をしないよう依頼をすることなど、感染拡大の防止に向けた対策の準備をしていただくようお願いいたします。

国民の皆様においては、風邪のような症状がある場合は、学校や仕事を休み、外出を控えるとともに、手洗いや咳エチケットの徹底など、感染拡大防止につながる行動にご協力をお願いします。特に高齢の方や基礎疾患をお持ちの方については、人込みの多いところはできれば避けていただくなど、感染予防に御注意いただくよう、お願いいたします。

 そのためには、学校や企業、社会全体における理解に加え、生徒や従業員の方々が休みやすい環境整備が大切であり、テレワークや時差通勤も有効な手段であります。関係の皆様のご協力をお願いいたします。

 なお、新型コロナウイルス感染症の今後の感染の広がりや重症度を見ながら適宜見直すこととしています。

厚生省ホームページでは新型コロナウィルスに関しての情報を公開しています。

イベント等の開催については自粛要請はしていないと公式に発表です。

スポンサーリンク

東京オリンピックは中止?コロナウィルスで来日拒否「おもてなし」に暗雲のまとめ

「おもてなし」がさせてもらえない状況が生じてきています。

選手にとってはオリンピック出場も大事ですが最も大事なものは自身の命。

生命に脅かされる事態は避けたいに決まっています。

何が優先されるのか、日本が世界に試される場面のように思います。