エンタメ

池澤樹さんの経歴が凄い!篠原ともえの結婚相手の年収がヤバい?

スポンサーリンク

篠原ともえさんが結婚していたというニュースに驚かされました。

昨年9月に出会って1月末に入籍というスピード婚。

結婚相手と言われているのが池澤樹さん。

篠原ともえさんの結婚相手のお名前は公表されていませんが37歳のアートディレクターということなので、池澤樹さんでほぼ間違いないと思われます。

関係者によると、お相手の男性は大手広告代理店に勤務している売れっ子アートディレクターで、広告、CM、商品のパッケージデザインなどを手掛け、クライアントからの信頼も厚く、大手企業とのコラボレーションも多数手掛けているという。

アート繋がりなんでしょうね。一緒にお仕事をしたことがあるようです。

お洒落な家庭になりそうですよね。ちょっと見てみたいです。

 

池澤樹さんですが、あの篠原さんのお相手ということで急上昇で注目されています。

どんな人でしょうか。調べてみました。

 

池澤樹さんはどんな人?

プロフィール

  • 名前:池澤 樹(いけざわ たつき)
  • 生年月日:1981年6月5日
  • 年齢:37歳
  • 出身地:東京都
  • 出身校:武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科卒
  • 職業:アートディレクター・クリエイティブデザイナー・グラフィックデザイナー

武蔵野美術大学で特別講師もしていらっしゃるようです。

カリスマ的な匂いがします。

経歴

  • 大学卒業後:株式会社東急エージェンシー
  • 現在:博報堂で広告のアートディレクション

 

開催した展覧会

  • 2013年:NHKハート展
  • 2016年:アミューズ主催”しろといろ”展
  • 2018年:ニューヨーク hpgrp GALLERY”Beyond the craft”

 

受賞歴

  • 東京ADC賞(2013年:サントリー白州、2016年:トヨタG’s、2017年:トヨタ86、2018年:トヨタGR)
  • JAGDA 新人賞
  • カンヌ国際広告祭 金賞
  • One Show 金賞
  • ADFEST グランプリ
  • SPIKES ASIA 金賞
  • ニューヨーク ADC賞 銀賞
  •  朝日広告賞
  •  毎日広告デザイン賞
  • 日本パッケージデザイン大賞 銀賞
  • ベストデビュタント賞

たくさんの賞を受けています。本当にスゴイ人なんですね。

 

どんな仕事?

主な仕事

  • サントリー「烏龍茶」「黒烏龍茶」
  • サントリー「響」「白州」
  • トヨタ「GR」「86」「G’s」
  • ロッテ「SWEETS DAYS 乳酸菌ショコラ」
  • クラシエ「ナイーブ」
  • Google「Google Play Music」
  • 東急電鉄キャラクター「のるるん」
  • アッシュ・ペー・フランス「rooms」

見慣れたパッケージがたくさんありますね。

 

スポンサーリンク

池澤樹さんの年収がヤバい?

これだけのお仕事をしている池澤さんですので、当然年収もそれ相当であると思われます。

憶測での噂では1,000万越えは当り前ということです。

噂よりもっと多い年収があるようにも思えますがどうなんでしょうね。

 

池澤樹さんと篠原ともえさんの馴れ初め?


「篠原ともえ 150の原画展」これがお二人の出会いでしょうね。

出会ったのは昨年10月ということですので、時期的にもぴったりです。

 

池澤樹さんと篠原ともえさんの今後は?

子供は?

過去のインタビューで

「孫をシノラーにしたい」と笑っていた篠原さん。

ぜひ、実現していただきたいですね。

その前に子供が必要ですけれど。

 

篠原さんの仕事は?

篠原さんは今後のお仕事はどうされるのでしょう。

今のまま、自分のペースでアートを中心にやっていくのではないかと思われます。

「50代になったら、着物が似合う女性になりたい。着物をデザインしている人になるのが目標です。」

というコメントが数年前にありましたので、着物のデザイナーをやっていくかもしれませんね。

シノラーデザインの着物。興味があります。

 

ネットの声

池澤樹さんはとてもカッコイイと評判です。

お二人の今後の作品に期待する声も多いですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

お二人は今、新婚旅行でヨーロッパへ行っているようです。

日本でニュースになったことを知って、「今頃~」って笑っているかもしれません。

今回調べてみて、シノラーの結婚相手はイケメンで仕事のできる素敵な男性ということがよく分かりました。

オシャレで素敵な家庭になりそうなお二人ですね。

人生においてもセンス抜群のように思えます。

いつもでもお幸せに。