エンタメ

エムワン2019はヤラセがあるか?出来レース・八百長と言われる理由

スポンサーリンク

M-1グランプリ2019のファイナルが近づいてきました。

M-1グランプリ2018ではやらせ疑惑がSNSで多く呟かれていたことを覚えていますか。

エムワン2019でも同じようにやらせ疑惑が生まれるのでしょうか?

どの芸人さんも人生を賭けて真剣に必死になって挑んできます。

そのような中でヤラセ疑惑はなぜ起きるのでしょうか。

理由を調べてみました。

エムワン2019でもヤラセ疑惑が起きる?

 

 

M-1グランプリ2018は出来レース・八百長?

M-1グランプリ2018決勝戦後、ツイッターで

やらせ?」「出来レース?」「八百長?」

といったツイートが多くみられました。

優勝した「霜降り明星は面白かった」という声があった一方で

3年連続準優勝の「和牛が一番面白い」という声も多かったですね。

審査員だった上沼恵美子が偏った審査をしているという疑惑もありました。

上沼恵美子は2019の審査員を引退するという説もありましたがまた審査員をするようです。

スポンサーリンク

M-1グランプリでヤラセ疑惑が起きる理由

吉本興業が信用されていない?

主催である吉本興業が世間から信用されていないかもしれないですね。

2019の吉本興業の一連の不祥事で益々疑惑が膨らんできます。

吉本興業がより儲けられるように仕組まれていると思うのは当然。

毎年ファイナルに出場して知名度のある芸人さんより、

「知名度の低い芸人さんを優勝させて仕事を増やすんでしょ」

と世間に思われても仕方ないですよね。

視聴者投票がない


視聴者投票を希望する声が多いです。

敗者復活戦で視聴者投票がありますが決勝戦では審査員だけで優勝を決めます。

この辺にヤラセ疑惑の元がありそうですね。

視聴者投票のメリットは文字通り視聴者の目が反映されること。

デメリットは人気投票になってしまい、に対する評価が微妙であること。

敗者復活戦が視聴者投票されるのは、決勝戦の視聴率を上げる目的があるかもしれないです。

視聴者は自身が投票した芸人さんの結果が気になり、

テレビを観て応援しますよね。

M-1グランプリ2019はどうなる?


「M-1グランプリ2019」はどうなるでしょうか?

8月1日から1回戦が始まり、11月には準決勝、12月に決勝戦が行われます。

吉本興業はすっかり信用を失っているように感じられます。

スポンサーリンク

まとめ

M-1グランプリは主催の吉本興業の意向が結果に大きく影響されるように感じる人が多いと思われます。

プロ・アマ・所属事務所を問わず出場できる漫才のコンクールです。

参加人数も多くファイナルまで勝ち進むことは大変なこと。

予選から勝ち上がってきたファイナル出場コンビの実力は相当なものですから、

どのコンビが優勝しても不思議ではありません。

主催者やスポンサーの意向で左右されない審査結果、

視聴者の皆が納得できる結果が望まれますね。