いしだあゆみ自分の誕生日3/26に亡くなった元夫萩原健一を追悼!

エンタメ
スポンサーリンク

いしだあゆみさんは、3月26日に亡くなられた元夫萩原健一さんへ追悼のコメントを所属事務所を通しで出しました。

3月26日はナントいしだあゆみさんの誕生日です。自分の誕生日に息を引き取った元夫萩原健一さんへどんな思いを持って追悼コメントをしたのでしょうか。

自分の誕生日が元夫の命日。不思議な縁を感じざるを得ません。コメントは「ご冥福をお祈り致します」の一言。この言葉の中には様々な思いが入り乱れているのかもしれませんね。

いしだあゆみさんと萩原健一さんが離婚してから、萩原さんは2回の結婚がありましたが、いしだあゆみさんはずっと独身です。

お二人の結婚から離婚までの4年間を辿ってみました。

いしだあゆみと萩原健一4年間の結婚生活

熱愛から結婚まで

  • 1978年3月:いしだあゆみさんと萩原健一さんの熱愛報道
  • 9日後:萩原健一さんが小泉一十三さんと離婚、2歳の娘あり
  • 1980年5月27日:結婚。いしだあゆみさん32歳、萩原健一さん29歳でした。

いしだあゆみさんと萩原健一さんの熱愛報道時、萩原さんには妻子がいましたね。報道後9日で離婚ということは、熱愛報道前から小泉さんとは話が進んでいたのかもしれません。

それから2年後の結婚ですので、勢いでの結婚ではないですね。

萩原健一のトラブル

  • 1983年4月:萩原健一自宅マンションで逮捕。

いしだあゆみ:「他人さまからどんなにバカな男と言われても彼は私の夫です。見捨てることはできません」

  • 1984年2月:萩原健一酒気帯び運転で自動車事故

萩原健一:「離婚は考えてみたこともないし、ありません。家内は私にとって姉であり妹であり、母でもあります」

いしだあゆみ:「何も言うことはありません。もう、あきれました」

萩原さんが逮捕され、自宅が家宅捜査された時、いしださんは自宅に在宅していたそうです。それでも見捨てることはできないとコメントしています。萩原さんへの気持ちが伝わってきます。

それが、酒気帯び運転事故後に一転しました。見捨ててしまったということでしょうね。

スポンサーリンク

1984年3月10日離婚

いしだあゆみ離婚会見コメント

  • 妻としてやっていく自信がなくなりました。主婦として失格でした。私の方から別れようと言いました
  • 彼の妻として、良妻でも悪妻でもなく、愚妻でしかなかったなと思います。彼のためによかれと思ってやったことが、みんな逆効果になってしまった
  • いつまでも不良でいいと思うんです。マジメに不良をやって欲しいと思います
  • (慰謝料は)気持ちだけありがたくいただきました

酒気帯び運転事故からあっという間に離婚しました。ショーケンを捨ててしまったように周囲は受け取っていました。

「ショーケンのためにやったことが逆効果だった」これが別れの決定打だったのでしょうか。いつまでも不良の夫に「マジメに不良をやって欲しい」これはショーケンの魅力はそのままで、法に触れるようなことはしないで欲しいという意味があるのかなと思いました。

実際は事実婚?

萩原健一さんは、いしだあゆみさんとは「実際には入籍しておらず事実婚だった」と自伝本「ショーケン」(2008年発売)告白。

この告白は間違いであることが分かっています。萩原健一さんが勘違いをしたのかもしれませんが、「本を売るための話題?」とも報道されていました。

萩原健一の結婚歴

  1. 1975年~1978年:モデルの小泉一十三さん
  2. 1980年~1984年:女優のいしだあゆみさん
  3. 1996年~2006年:ヘアメークアーティストの一般女性
  4. 2011年~現在 :モデルの冨田リカさん

華やかな結婚歴です。やはり、綺麗なモデルさんがお好みなのでしょうね。

結婚歴ではありませんが、1985年には倍賞美津子さんとの不倫問題もありました。スクープした週刊誌記者に暴行をして書類送検されています。

ネットでも話題

スポンサーリンク

いしだあゆみ自分の誕生日3/26に亡くなった元夫萩原健一を追悼!まとめ

いしだあゆみさんにとって萩原健一さんはどんな存在だったのかは分かり兼ねます。たった4年間の結婚生活。自らショーケンに三行半を突き付けての離婚。その後、再婚することもなく、ショーケンの熱愛や結婚を黙って静かにみてきたと思います。

最後はいしださんの誕生日に逝かれて、縁の深さを感じていたかもしれませんね。

コメント